CBT-Solutions 試験ポータルサイト

CBT-Solutionsが提供するCBT/PBT試験ポータルサイト

財務報告実務検定

財務報告実務検定【連結実務演習編】
財務報告実務検定【連結実務演習編】は、連結財務諸表を作成する際に必要となる基礎資料の作成(連結子会社・持分法対象会社の情報収集、海外子会社の財務諸表の換算、取引や債権債務の照合表の作成等)から連結精算表を経て連結財務諸表が作成されるまでのデータの流れや手順、開示のルールといった“連結財務諸表を作成し開示を成し遂げる力”を問う試験です。金融商品取引法上の開示では必須知識となるXBRLの実務まで出題範囲に含まれていることから、試験合格に向け学習を進めることで、極めて実践的かつ即戦力となり得る知識を獲得することができます。

財務報告実務検定【開示様式理解編】
財務報告は、その性質上、経理部門が相当部分を担うのが通常です。経理部門にとって必要なスキルと言うと、まず簿記を連想する人が多いと思いますが、適切な財務報告を行うには、それだけでは不十分です。簿記は、決算を組むためには必須のスキルです。しかし、決算の内容を投資家に対して、適切な時期に適切な様式に則り伝えるためには、「開示能力」という全く別のスキルが必要になります。財務報告実務検定【開示様式理解編】は、各種開示書類の目的、作成要領、データの関連性を理解し、さらに、決算・財務報告プロセスに必要な内部統制までを広範囲かつ体系的に理解することを問う試験です。財務報告実務検定【開示様式理解編】に合格するための勉強をすれば、自然にそれらのスキルが身に付くように設計されています。

取得のメリット

Merit

財務報告実務検定【連結実務編】

財務報告実務検定【連結実務編】に合格するための学習をすることで、連結決算を締めるまでの決算実務と、連結決算を締めた後に行う有価証券報告書等の財務報告の開示に関する一連の流れがしっかり頭に入ります。

既に企業の開示関連部門で働く方は、これまで実務で身につけた知識を体系的に整理することができるでしょう。また、開示関連部門に配属されたばかりの方や新入社員の方、これまで簿記や公認会計士試験、税理士試験等の勉強をしてきた方や、一般の経理事務にのみ携わってきた方は、連結決算及び連結開示の実務を担うためのベースとなる知識を身につけることができます。

また、日本企業のグローバル化に伴い、日本企業が海外子会社を連結対象にするケースが年々増えています。財務報告実務検定【連結実務編】では海外子会社が連結子会社である場合の連結決算実務も学習の対象にしているので、連結決算実務のグローバル化に対応した知識を付けることもできます。

さらに、財務報告実務検定【連結決算・開示実務編】はXBRL(eXtensible Business Reporting Language)の実務も試験範囲とする国内初、かつ、唯一の試験でもあります。上場会社の財務報告実務において、もはや欠かすことのできないXBRLの知識を、連結決算・開示の知識と有機的に関連させながら習得することができます。

財務報告実務検定【開示様式理解編】

財務報告実務検定【開示様式理解編】の試験範囲となっている項目を学習すれば、整理後試算表から有価証券報告書等の財務報告までの開示に関する一連の流れが頭に入ります。

したがって、既に企業の開示関連部門で働く方であれば、これまで実務で身に付けた知識を体系的に整理することができ、一方、開示関連部門に配属されたばかりの方や新入社員の方、これまで簿記の勉強をしてきた方、一般の経理事務のみに携わってきた方などは、財務報告実務に必要な知識を基礎から身に付けることができます。

また、転職等により上場企業で開示関係の仕事に就くことを目指す際にも、財務報告実務検定【開示様式理解編】で一定の成績を残していることが、客観的なスキルレベルを証明するものとして、役に立つことでしょう。

試験の概要

Outline

検定名 財務報告実務検定試験【連結実務演習編】
受験の条件 なし。ただし、簿記3級以上の知識を有していることが望ましい。
試験形式 コンピュータによる選択式試験+計算問題

※計算問題では電卓を使用しますので、電卓を持参してください。 なお、試験画面上にもPC電卓がございます。
時間 90分
出題 詳細は財務報告実務検定公式HPの出題範囲でご確認ください。
連結決算
項目 出題内容
連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書 資本連結、のれん(在外子会社を含む)、会社間取引及び債権債務の相殺消去、未実現損益の取扱い(たな卸資産のみ)、貸倒引当金の取扱い、持分法、税効果会計、在外子会社の財務諸表の換算、退職給付引当金の組替
連結キャッシュ・フロー計算書 間接法かつ簡便法による連結キャッシュ・フロー計算書の作成(在外子会社を含む)
連結包括利益計算書 当期発生、組替調整及び税効果(持分法適用会社の取扱いを含む)

連結開示
項目 出題内容
組替表 連結精算表から開示科目への組替、重要性基準(前期における表示の組替を含む)
開示上の計算 1株当たり金額及び各種財務比率の算定
有価証券報告書等の作成 基本財務諸表、ハイライト情報、業績等に関する説明及び関連書類の作成(書類間の照合を含む)

XBRL
項目 出題内容
XBRLのポイント 経理の実務とXBRL、会計規則とXBRL、共通のルールと異なる会計規則・運用ルール、タクソノミとインスタンス、表計算ソフトとXBRL
タクソノミを構成する仕組み リンクベース、インラインXBRL
EDINET固有の運用ルール 勘定科目名称(名称リンク)の上書き、「該当なし」要素
合否基準 70点以上
結果発表 試験終了後ただちに判明いたします。
合格証の発行 合格者に対しては、合格証が発行されます。
学習の手引き 財務報告実務検定【連結実務演習編】対応
連結決算・開示実務演習テキスト
※資格の学校のTACにて、財務報告実務検定対策講座が開講中
受験期間 随時受験申込み可能
申込期間 随時受験申込み可能
受験会場 全国のCBTS認定試験会場にて受験可能
試験予約 受験日の3か月前から3日前まで予約可能です。
※受験予約・キャンセルはマイページより受験日の3日前まで可能です。(例:試験日が10日の場合は、7日中まで変更・キャンセルが可能です) 受験日の3日前を過ぎた場合、受験予約の変更・キャンセルは一切できず、返金等は致しかねますので、予めご了承ください。
※受験申し込み後のキャンセルは、手数料が発生します。詳しくはこちらをご覧ください。
よくあるご質問 「財務報告実務検定」についてよくあるご質問は財務報告実務検定公式サイト:FAQをご覧ください。

試験の概要

Outline

資格名 財務報告実務検定試験【開示様式理解編】
受験の条件 なし。ただし、簿記3級以上の知識を有していることが望ましい。
試験形式 コンピュータによる選択式試験+計算問題

※計算問題では電卓を使用しますので、電卓を持参してください。 なお、試験画面上にもPC電卓がございます。
時間 120分
問題数 選択式問題100問及び総合問題(計算問題を含む小問3問から構成)3問
出題範囲 詳細は財務報告実務検定公式HPの出題範囲でご確認ください。
試験科目 項目
財務報告概論 ディスクロージャーの目的・分類・効果
決算・財務報告プロセス等に係る内部統制
ディスクロージャーの体制と年間スケジュール
財務報告基礎データの収集と開示項目との関連
金融商品取引法
適時開示
会社法
その他
財務報告各論 (金融商品取引法) 有価証券報告書
四半期報告書
内部統制報告書
財務報告各論 (適時開示) 決算短信
四半期決算短信
その他の適時開示等
財務報告各論 (会社法) 招集通知 (狭義)
事業報告
連結計算書類
計算書類等
合否基準 詳細は財務報告実務検定公式HPの各スコア・レンジ別の到達点でご確認ください。
点数のレンジ 称号
800~1,000点 財務報告実務検定【開示様式理解編】 Advanced
600点~799点 財務報告実務検定【開示様式理解編】 Standard
400点~599点 財務報告実務検定【開示様式理解編】 Basic
399点以下 ― (称号なし)
結果発表 試験終了後ただちに判明いたします。
合格証の発行 合格者に対しては、該当レベルの合格証が発行されます。
学習の手引き 財務報告実務検定【開示様式理解編】 公式テキスト
財務報告実務検定【開示様式理解編】 公式問題集
財務報告実務検定【開示様式理解編】 重要ポイント&精選問題
財務報告実務検定【開示様式理解編】 計算問題対策問題集
※資格の学校のTACにて、財務報告実務検定対策講座が開講中
受験期間 随時受験申込み可能
申込期間 随時受験申込み可能
受験会場 全国のCBTS認定試験会場にて受験可能
試験予約 受験日の3か月前から3日前まで予約可能です。
※受験予約・キャンセルはマイページより受験日の3日前まで可能です。(例:試験日が10日の場合は、7日中まで変更・キャンセルが可能です) 受験日の3日前を過ぎた場合、受験予約の変更・キャンセルは一切できず、返金等は致しかねますので、予めご了承ください。
※受験申し込み後のキャンセルは、手数料が発生します。詳しくはこちらをご覧ください。
よくあるご質問 財務報告実務検定【開示様式理解編】についてよくあるご質問は財務報告実務検定公式サイト:FAQをご覧ください。

受験料・お支払い方法

Price

受験料 【連結実務演習編・開示様式理解編共通】
受験料: ¥12,000(税抜)/ 財務報告実務検定会員は¥10,000(税抜)
財務報告実務検定会員について
お支払い方法 以下3通りから選択下さい。
・クレジットカード決済
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy(ペイジー)決済(Pay-easy:ゆうちょ銀行ATM・ゆうちょダイレクト、銀行などのATMやネットバンキング)
お申込み インターネットによるお申込み (ユーザー登録 | 受験予約

お問合せ先

Contact

お問合せ先
【資格の内容に関するお問い合わせ】
財務報告実務検定事務局(日本IPO実務検定協会内)
担当者:事務局長 原田
住所:東京都豊島区高田3-28-8
Tel:03-5992-7688 Fax:03-3971-3667
URL:http://www.zaimuhoukoku.jp/
【受験に関するお問い合わせ】
受験サポートセンター
TEL:03-5209-0553 (平日10:00〜18:00)
E-mail:help@cbt-s.com